あらほうしブログ

好きなお笑いの事と日々の雑感を綴りたいと思ってます。

闇営業とか直営業とか。。

 

連日の報道で、芸人さん個人の責任に帰する向きより、吉本興業のブラックなやり方への風当たりが強くなってきた。

 

私も常々、吉本興業のやり方はどうなんだろうと思ってた。

 

だいぶ前だが「吉本興業の歴史」みたいな本や、それ以外にも昔の演芸事情について書いた本を2.3冊読んだことがある。

 

それらを読んでひしひしと感じたのは、明治、大正、昭和初期の興業主にとって、所属の芸人は自分と同等の人間などではなく、儲けるための「駒」でしかなかったんだな、ということ。

 

令和の世でさえ、ブラック企業が従業員を使い捨ての駒にしているが、それとは少し感覚が違う気がする。

 

あくまで読んだ本の感想だが、前者は江戸時代からの身分制度の差別を引きずってのもののように思えた。

 

江戸時代、役者や芸人を河原乞食と呼んでいたその感覚が、抜け切れずにそのまま残ってしまっていたのではないか。

 

当たり前に自分達より低い立場にいる者、自分達と同じ配慮は必要ない者、という感覚。

 

だが、明治、大正、昭和初期の興業組織は令和の世にはほぼ残っていないので、そういう感覚も自然消滅したと思われる。。吉本興業を除いては。

 

明治時代創業の吉本興業が、厳しい競争を勝ち抜いて、令和の世に残った。

 

その勝利体験のノウハウが、良くも悪くも今まで続いてしまったのではないか。

 

吉本興業が芸人さん達ときちんと契約を交わさない、ということは、いまだ対等な人間として見ていないということ。

 

反社会勢力と知らずに闇営業に行った事の是非は色々あると思うが、吉本興業が芸人さん達ときちんと契約を交わさずやってきた事は、令和時代においては、明らかに「非」だと思う。

 

大きな代償を払ったこの事件を機に、少しずつでも吉本興業が変わっていくよう、お笑いファンとして切に祈る。

 

 

博多華丸大吉

 

漫才が好きな私は当然、博多華丸大吉の漫才はチェックしていて、華丸さん扮する中年のおじさんが「YouTuberになりたい」などと最新のものをいっちょかみするも、結局「博多のおじさん」丸出しで終わるその漫才は、関西人で、関西の主に若手の漫才を見まくってる私には逆に目新しい物だった。

 

生で見たのは2回。

2回とも安定感は半端なく、安心して笑い転げられた。

 

華大さんぐらいの知名度を持つ、華大さんぐらいのキャリアの漫才師は、実はほとんどいない。

 

華大さんより上の世代で、漫才ブーム時の漫才師より下の世代は、ダウンタウンのように漫才で頭角を現した人達も、後々は漫才を辞めてしまった人が多く、続けている人も知名度では華大さんに及ばない。

 

その後、漫才が盛り上がったのはM-1以降で、華大さんは漫才の空白世代の唯一の漫才師のスターだ。

 

福岡よしもとの一期生で、東京や大阪の芸人さんとは違う困難を乗り越えて来た彼らは、気がつけば唯一無二の存在になっていた。

 

今テレビタレントとして多忙を極める彼らだが、漫才はずっと続けてくれるのではないかと思っていて、いつか大阪のなんばグランド花月でトリを取ってくれるのではないかと、私は勝手に期待している。

 

それが何年後、何十年後になったとしでも、私は絶対に観に行きたいと思っている。

 

ピエール瀧さんに思うこと

 

逮捕の一報を聞いて驚き、ひとしきり報道に目を通した後、ふと思い立って先週の瀧さんの回の「たまむすび」をラジオクラウドで聴いてみた。

 

そのトークは、良識も常識もある、思い遣りも優しさもある、面白くてちょっとふざけた、ボキャブラリー豊富で達者なものだった。

 

つまり「異変」は感じられなかった。

 

「たまむすび」は、以前は欠かさず聴いていたのだけど、最近は若手芸人のラジオにはまっていてちょっとご無沙汰だった。

 

今日久々に聴いてみて、以前と受ける印象は変わらず、不審な点などは全くなかった。

 

報道によると、瀧さんのコカイン使用はかなり前からではないか、とのこと。

 

「たまむすび」の当初からコカインを常用してたのだろうか。

 

薬物に関しては全くの素人なのでわからなかったが、薬物を使用してても、あんなに「普通」に過ごせるものなのかと改めて驚く。

 

じゃあ私の周りにも普通に過ごしている薬物常用者がいるかもしれない。。

 

そう思った時、背筋に悪寒が走った。

 

瀧さんはこの一件でこれまで築き上げた物を自分でぶち壊してしまった。

 

こうなることは、当然わかっていただろう。

 

だけど止められなかった。

 

「中毒」とはなんと恐ろしい。

 

今、瀧さんに思うことは、裁判等片がついたらきちんと専門医にかかって治療してほしい、ということ。

 

もう、彼の意思や自身の頑張りではどうにもならないと思う。

 

どうか、愛娘「エリザベス」のためにも、真摯に治療に向き合ってほしい。

 

 

酒乱とM-1と、上沼さんとミソジニー

 

前にも書いたと思うが、お酒を飲んで暴言を吐いたり暴れたりする人を「普段はいい人なのに、お酒のせいで」と、まるでその人の人格は全く悪くなく、全部お酒のせい、とかばう人がいまだに結構いるが、それは絶対違う。

 

暴言を吐いたり暴れるのがその人の本性で、普段は巧妙に隠している卑劣な人だ。

 

お酒のせいにされたら、お酒が可哀想だ。

 

もしその人の人格が素晴らしいのなら、お酒で一度でも失敗した時点で、すぐにお酒を断つはずなのだから。

 

酒乱の叔父はお酒が入ると妻や娘を殴りまくったが、1人でも男性が現われると一瞬でおさまった。

 

この叔父や、叔父ほどではないがお酒を飲むと人格が変わる人に共通するのは、普段気の弱い八方美人で、しらふの時から相手を見て態度を変える傾向が若干あった。

 

M-1の採点方法が気に入らなかったのか、お酒を飲んで上沼恵美子さんに暴言を吐いた、とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんは、普段どんな方なのかは知る由もない。

 

しかし普段からああいう事を思ってるんだろう。

 

男尊女卑の日本の中でも、芸人の世界はより男尊女卑が強い。

 

お笑い好きで、芸人さんのCS放送やラジオまでフォローしている私は、ずっとそれをひしひし感じていた。

 

女性が好む漫才や漫才師を揶揄する発言を今まで何回聞いた事だろうか。

 

そしてネタだけを見てもわかる。

 

いまだにプロポーズの言葉は「お味噌汁を作ってください」だったり(インディアンス)、「お弁当を作るのは女の子の仕事」だったり(和牛)、「芸人を支えてくれる嫁がほしい」から結婚したい、だったり(見取り図)する。

 

結婚しても、自分は、料理する気も、妻の仕事を支える気もないらしい。

 

今現在でこの体たらく。

 

上沼さんは40年以上前の、もっと露骨な男尊女卑の中で芸人を続け、ゴールデンに冠番組を持つまでにのし上がってきた。

 

どれほどの苦労を味わってきたのだろう。

 

仕事で忸怩たる思いをした日も多々あったと思うが、久保田さんや武智さんのように仕事の後に仲間たちとお酒を飲んでクダを巻く事もできなかっただろう。

 

なぜなら上沼さんは芸人をしながら、家事も子育てもしなければいけなかったから。

 

仕事の間は母親に子どもを預けてたらしいが、長々と預けられないからいつも急いで帰ってた、というエピソードを本人の口から聞いたことがある。

 

しかし愚痴る事も許されなかったに違いない。

 

「嫌ならやめれば?」と言われるに決まってるから。

 

私は正直、上沼さんの笑いの取り方が好きではない。

 

が、色んな抑圧をはねのけてここまでになられた事に、心からリスペクトしている。

 

久保田さんや武智さんが、上沼さんの採点方法に不満を持つのは勝手だけど、上沼さんが男性だったら同じように言っただろうか。

 

ほぼ女性特有の病気をあげて上沼さんを揶揄した行為は、単なるミソジニーだと思われても仕方ない。

 

こういうミソジニーのせいで、今まで何人の女性が潰されてきたのだろう。

 

上沼さんがもし、この発言で審査員を降りる事があれば、また一人潰される事になる。

 

もう嫌だ。

 

「上沼さん以外の人がこの発言に怒る事はおかしい」という意見を読んだが、この発言が「批判」ではなく「女性差別」だという事にすら気づいてないのかと、暗澹たる気持ちになった。

 

優勝した霜降り明星も気の毒だ。

 

霜降り明星

 

粗品くんはせいやくんという相方を持って本当に良かったのではないか。

 

あの人は稀有な存在。

 

天然でもあり、モノマネなど器用にこなす側面もあり、動きも面白い。

……と、文章で書くとちっとも稀有でない平べったい存在のように聞こえてしまうが、唯一無二の「せいや」という存在の、他の濃い人達に負けない存在感たるや。

 

もちろん芸の上での努力もあると思うけど、やはり持って産まれたものが大きいように思う。

背が低くて可愛らしい容姿も、彼の芸風の追い風になってるのでは。

 

オールザッツで最年少優勝した粗品くんのセンスは誰もが認めるところだろう。

 

が、彼のテレビやラジオ等のフリートークで時々垣間見えるミソジニーな発言やぶっきら棒な言動。。

 

「感じ悪っ」と思う事があっても、彼の才能の素晴らしさは消える訳ではないけれど、純粋なお笑い好きを自負してる私でも、やはり多少心に引っかかりは残ってしまう。

 

が、せいやくんがボケとして前面に出てはちゃめちゃにやってくれる事で、いつのまにかそういうトゲは消えている。

 

コンビって凄い、と改めて思わせてくれる霜降り明星、今年のm-1 は果たして⁈

 

時期はともかく、決勝に躍り出る日もそう遠くはないと思う。

 

キングオブコント2018③

 

⑤ だーりんず

 

居酒屋から帰ろうとしたおじさんが、偶然部下が同じ店で飲んでる事に気付く。こっそりお会計を済ませて部下を驚かせようと、店員と交渉するが。。

 

日常に本当に起こりそうな一コマを、大きな動きもなく、会話だけで構成しているシンプルなコント。

 

私はこういうシンプルな構成は本来好きなのだけど、う〜ん、私がおばさんだからだろうか、やはり共感しづらかったし、「パニックペイ」などのワードもささらなかった。

 

ここぞという時のワードに「どや」感を感じすぎてしまったというか。

 

しかし審査員の中でも三村さんにかなりハマってた様子だったので、陽気なおじさんの支持率はかなり高かったかも⁈

 

⑥ チョコレートプラネット

 

拉致されてる男がパニックに陥って、犯人の説明を全く聞かずに、ひたすらまくし立てる。

 

ほぼ、それだけの話が、本当に面白い!

 

見直してみると構成が素晴らしい。

 

犯人は拉致した男のまくし立てにおののいて、中盤以降、聞かれた事を素直に答えてしまうが、男は全く聞いてない、というすれ違いが最高に面白い!

 

お互いの声が全くかぶってしまったら視聴者に伝わらないし、かといって「全然かぶってないやん、不自然やん」と思われてしまっては台無し。

 

この演技は本当に難しかったのではないかなと思う。

 

最後に「第三の男」が現れ、犯人もテンパってしまって話を全く聞かなくなる、というオチも良かった。

 

この時点でダントツの暫定1位。

私も文句なしだった。

 

キングオブコント2018②

 

マヂカルラブリー

 

コンビニの傘をめぐる二人の男性のやり取りがループしていき……。

 

シュールで独特の世界観。

 

が、私には面白いとは思えなかった。

 

やさしいズのコントの二人と違って、こちらの二人はずっと平行線のままなんだろうな。。

 

もちろんこういうコントがあってもいいのだけど、私には咀嚼しきれなかったかな。

 

マヂカルラブリーに限らず思うけど、シュールなコントって落とし所が難しいように思う。

 

そしてコントには直接関係ない話だけど「マヂカルラブリー」というコンビ名に「ヂ」を使う感性が、個人的にちょっと受け付けない。

 

こういう感性の違いって、意外と大きい気がする。

 

ハナコ

 

演者の一人が犬に扮し、リアルな犬の気持ちを表現していく。。

 

面白かったですが、犬を飼ってた身としては、まさに「犬あるある」という感じ。

 

最後に、犬が騙されて取り残されてしまうのだが、飼ってた犬を思い出してちょっと切なくなってしまった。

 

若い女性がほとんどだった客席にかなりウケていた印象で、審査員の評価も高かった。

 

しかしこの時点では、個人的にはやさしいズが一番面白かった。

 

さらば青春の光

 

予備校で「受験生を鼓舞する」だけが仕事の、あるおじさんの話。

 

おじさんは、先生も生徒も自分をバカにしてる事を知ってしまった後も、顔を引きつらせながら懸命に生徒を鼓舞して物語は終わる。

 

この作品に限らず、さらば青春の光のコントは一編の映画を観た後のように圧倒される。

 

たった5分のコントの中で、森田さん演じるうだつの上がらない主人公の来し方、そして行く末が目に浮かぶような余韻が残った。

 

そして私達も無意識に軽んじてしまってるような路傍の人が、キラキラした生命力を放つ「大切な一つの生」だという当たり前の事に気付かせてくれるのだった。

 

この時点で私の中では文句なしのトップだったが、審査員の点数はハナコより一点下だった。

 

この一点に泣き、さらば青春の光は最終決戦進出ならず、去る事になった。

 

今大会を最後の出場だと公言していた彼らは「今までありがとうございました」と言ってこの大会を去った。

 

さらばのコントが大好きで去ってほしくないはずの私なのに、なぜかこの言葉を素直に受け入れられた。

 

あれだけのコント、そう簡単に量産できるわけはない。

 

だけど何回も決勝進出した彼らがKOCで披露してくれた数々のコントは、どれも本当に素晴らしかった。

 

こちらこそ「今までありがとうございました」と、心から言いたいです。