あらほうしブログ

好きなお笑いの事と日々の雑感を綴りたいと思ってます。

酒乱とM-1と、上沼さんとミソジニー

 

前にも書いたと思うが、お酒を飲んで暴言を吐いたり暴れたりする人を「普段はいい人なのに、お酒のせいで」と、まるでその人の人格は全く悪くなく、全部お酒のせい、とかばう人がいまだに結構いるが、それは絶対違う。

 

暴言を吐いたり暴れるのがその人の本性で、普段は巧妙に隠している卑劣な人だ。

 

お酒のせいにされたら、お酒が可哀想だ。

 

もしその人の人格が素晴らしいのなら、お酒で一度でも失敗した時点で、すぐにお酒を断つはずなのだから。

 

酒乱の叔父はお酒が入ると妻や娘を殴りまくったが、1人でも男性が現われると一瞬でおさまった。

 

この叔父や、叔父ほどではないがお酒を飲むと人格が変わる人に共通するのは、普段気の弱い八方美人で、しらふの時から相手を見て態度を変える傾向が若干あった。

 

M-1の採点方法が気に入らなかったのか、お酒を飲んで上沼恵美子さんに暴言を吐いた、とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんは、普段どんな方なのかは知る由もない。

 

しかし普段からああいう事を思ってるんだろう。

 

男尊女卑の日本の中でも、芸人の世界はより男尊女卑が強い。

 

お笑い好きで、芸人さんのCS放送やラジオまでフォローしている私は、ずっとそれをひしひし感じていた。

 

女性が好む漫才や漫才師を揶揄する発言を今まで何回聞いた事だろうか。

 

そしてネタだけを見てもわかる。

 

いまだにプロポーズの言葉は「お味噌汁を作ってください」だったり(インディアンス)、「お弁当を作るのは女の子の仕事」だったり(和牛)、「芸人を支えてくれる嫁がほしい」から結婚したい、だったり(見取り図)する。

 

結婚しても、自分は、料理する気も、妻の仕事を支える気もないらしい。

 

今現在でこの体たらく。

 

上沼さんは40年以上前の、もっと露骨な男尊女卑の中で芸人を続け、ゴールデンに冠番組を持つまでにのし上がってきた。

 

どれほどの苦労を味わってきたのだろう。

 

仕事で忸怩たる思いをした日も多々あったと思うが、久保田さんや武智さんのように仕事の後に仲間たちとお酒を飲んでクダを巻く事もできなかっただろう。

 

なぜなら上沼さんは芸人をしながら、家事も子育てもしなければいけなかったから。

 

仕事の間は母親に子どもを預けてたらしいが、長々と預けられないからいつも急いで帰ってた、というエピソードを本人の口から聞いたことがある。

 

しかし愚痴る事も許されなかったに違いない。

 

「嫌ならやめれば?」と言われるに決まってるから。

 

私は正直、上沼さんの笑いの取り方が好きではない。

 

が、色んな抑圧をはねのけてここまでになられた事に、心からリスペクトしている。

 

久保田さんや武智さんが、上沼さんの採点方法に不満を持つのは勝手だけど、上沼さんが男性だったら同じように言っただろうか。

 

ほぼ女性特有の病気をあげて上沼さんを揶揄した行為は、単なるミソジニーだと思われても仕方ない。

 

こういうミソジニーのせいで、今まで何人の女性が潰されてきたのだろう。

 

上沼さんがもし、この発言で審査員を降りる事があれば、また一人潰される事になる。

 

もう嫌だ。

 

「上沼さん以外の人がこの発言に怒る事はおかしい」という意見を読んだが、この発言が「批判」ではなく「女性差別」だという事にすら気づいてないのかと、暗澹たる気持ちになった。

 

優勝した霜降り明星も気の毒だ。

 

霜降り明星

 

粗品くんはせいやくんという相方を持って本当に良かったのではないか。

 

あの人は稀有な存在。

 

天然でもあり、モノマネなど器用にこなす側面もあり、動きも面白い。

……と、文章で書くとちっとも稀有でない平べったい存在のように聞こえてしまうが、唯一無二の「せいや」という存在の、他の濃い人達に負けない存在感たるや。

 

もちろん芸の上での努力もあると思うけど、やはり持って産まれたものが大きいように思う。

背が低くて可愛らしい容姿も、彼の芸風の追い風になってるのでは。

 

オールザッツで最年少優勝した粗品くんのセンスは誰もが認めるところだろう。

 

が、彼のテレビやラジオ等のフリートークで時々垣間見えるミソジニーな発言やぶっきら棒な言動。。

 

「感じ悪っ」と思う事があっても、彼の才能の素晴らしさは消える訳ではないけれど、純粋なお笑い好きを自負してる私でも、やはり多少心に引っかかりは残ってしまう。

 

が、せいやくんがボケとして前面に出てはちゃめちゃにやってくれる事で、いつのまにかそういうトゲは消えている。

 

コンビって凄い、と改めて思わせてくれる霜降り明星、今年のm-1 は果たして⁈

 

時期はともかく、決勝に躍り出る日もそう遠くはないと思う。

 

キングオブコント2018③

 

⑤ だーりんず

 

居酒屋から帰ろうとしたおじさんが、偶然部下が同じ店で飲んでる事に気付く。こっそりお会計を済ませて部下を驚かせようと、店員と交渉するが。。

 

日常に本当に起こりそうな一コマを、大きな動きもなく、会話だけで構成しているシンプルなコント。

 

私はこういうシンプルな構成は本来好きなのだけど、う〜ん、私がおばさんだからだろうか、やはり共感しづらかったし、「パニックペイ」などのワードもささらなかった。

 

ここぞという時のワードに「どや」感を感じすぎてしまったというか。

 

しかし審査員の中でも三村さんにかなりハマってた様子だったので、陽気なおじさんの支持率はかなり高かったかも⁈

 

⑥ チョコレートプラネット

 

拉致されてる男がパニックに陥って、犯人の説明を全く聞かずに、ひたすらまくし立てる。

 

ほぼ、それだけの話が、本当に面白い!

 

見直してみると構成が素晴らしい。

 

犯人は拉致した男のまくし立てにおののいて、中盤以降、聞かれた事を素直に答えてしまうが、男は全く聞いてない、というすれ違いが最高に面白い!

 

お互いの声が全くかぶってしまったら視聴者に伝わらないし、かといって「全然かぶってないやん、不自然やん」と思われてしまっては台無し。

 

この演技は本当に難しかったのではないかなと思う。

 

最後に「第三の男」が現れ、犯人もテンパってしまって話を全く聞かなくなる、というオチも良かった。

 

この時点でダントツの暫定1位。

私も文句なしだった。

 

キングオブコント2018②

 

マヂカルラブリー

 

コンビニの傘をめぐる二人の男性のやり取りがループしていき……。

 

シュールで独特の世界観。

 

が、私には面白いとは思えなかった。

 

やさしいズのコントの二人と違って、こちらの二人はずっと平行線のままなんだろうな。。

 

もちろんこういうコントがあってもいいのだけど、私には咀嚼しきれなかったかな。

 

マヂカルラブリーに限らず思うけど、シュールなコントって落とし所が難しいように思う。

 

そしてコントには直接関係ない話だけど「マヂカルラブリー」というコンビ名に「ヂ」を使う感性が、個人的にちょっと受け付けない。

 

こういう感性の違いって、意外と大きい気がする。

 

ハナコ

 

演者の一人が犬に扮し、リアルな犬の気持ちを表現していく。。

 

面白かったですが、犬を飼ってた身としては、まさに「犬あるある」という感じ。

 

最後に、犬が騙されて取り残されてしまうのだが、飼ってた犬を思い出してちょっと切なくなってしまった。

 

若い女性がほとんどだった客席にかなりウケていた印象で、審査員の評価も高かった。

 

しかしこの時点では、個人的にはやさしいズが一番面白かった。

 

さらば青春の光

 

予備校で「受験生を鼓舞する」だけが仕事の、あるおじさんの話。

 

おじさんは、先生も生徒も自分をバカにしてる事を知ってしまった後も、顔を引きつらせながら懸命に生徒を鼓舞して物語は終わる。

 

この作品に限らず、さらば青春の光のコントは一編の映画を観た後のように圧倒される。

 

たった5分のコントの中で、森田さん演じるうだつの上がらない主人公の来し方、そして行く末が目に浮かぶような余韻が残った。

 

そして私達も無意識に軽んじてしまってるような路傍の人が、キラキラした生命力を放つ「大切な一つの生」だという当たり前の事に気付かせてくれるのだった。

 

この時点で私の中では文句なしのトップだったが、審査員の点数はハナコより一点下だった。

 

この一点に泣き、さらば青春の光は最終決戦進出ならず、去る事になった。

 

今大会を最後の出場だと公言していた彼らは「今までありがとうございました」と言ってこの大会を去った。

 

さらばのコントが大好きで去ってほしくないはずの私なのに、なぜかこの言葉を素直に受け入れられた。

 

あれだけのコント、そう簡単に量産できるわけはない。

 

だけど何回も決勝進出した彼らがKOCで披露してくれた数々のコントは、どれも本当に素晴らしかった。

 

こちらこそ「今までありがとうございました」と、心から言いたいです。

 

キングオブコント2018①

 

今年は決勝進出者を当日に発表。

 

個人的にはこのやり方に、かなり大会への興味を削がれた。

 

毎年、準決勝の後すぐに決勝進出者が発表されていて、「今年はついにこのコンビが決勝に来た!」とか「どんなネタをやるんだろう」などと、わいわいと盛り上がり、決勝の日を指折り数えて待ってたのに、今年は「えっ? 明日決勝? もう? あっそ。」という感じだった。

 

いくらお笑い好きでも、見てもない準決勝32組の中から決勝進出者を予想する気にはなれなかった。

 

決勝進出者にとっても、せっかくの決勝進出を誰にも言えず、マスコミに取り上げられる事もなく、面白くない思いをされたのではないだろうか。

 

ぜひ来年からは元に戻してほしいと思うが…他の視聴者の方々はどう思ったんだろうか。

まさか…好評だったりして。

 

気になる。。

 

とにもかくにも、今年も沢山コントが観れた事には感謝です。

 

やさしいズ

 

開発したシステムを横取りされ自暴自棄になったエリートと、ちゃらいビル掃除アルバイトとの出会い。

 

審査員の点数はかなり低かったのですが、私には面白かった!

 

このアルバイトは、言葉の通じない中国人にキレられて代わりに来たのだが、同じ日本人なのにエリートとアルバイトは全然「言葉」が通じない。

 

そして会話の中で、徐々にエリートが「新しい認識の発見」をしていく。

 

こういうのがコントの醍醐味だと思う私には、「トップからいいもの見せてもらった」という思いでいっぱいだった。

 

ただ、一部セリフが聞き取れなかったり、エリートの心境が変化があまりにも急だったり、そういうことはあったので、審査員の評価も仕方ないのかな。

 

それにしても今後が楽しみなコンビだ♪

 

やすとものどこいこ⁉︎

 

私のような関西の中年女性から絶大な支持を受けているこの番組。

 

やすとものお二人とゲストが、ただただ買い物をする番組。

 

私もほぼ欠かさず見ている。

 

が、私の視聴動機はたぶん、他の視聴者と大きく異なると思う。

 

私は完全に「トークバラエティ」と捉えている。

 

他の視聴者と違い、買い物内容にはあまり興味はなく「ゲストの芸人さんがやすともとどんなトークを展開するか」が、興味のほぼ100パーセントを占める。

 

コントもある程度そうだと思うけど、漫才は確実に、演者の「人となり」が重要な要素になってくる。

 

漫才好きとしては、より漫才を楽しむためにも、演者の「人となり」を知る機会がほしい。

 

そのためにはこの番組はすごく貴重なのだ。

 

やすとももゲストも、もちろん番組だと意識してトークを展開するのだが、探してたものに出会えた時、探してなかったけど「これはいい!」というものに出会えた時、逆に出会えなかった時…などなど、思いもよらず、素の表情をさらしてしまうし、正直な感想を漏らしてしまう。

 

これがすごく面白い!

 

椅子に座って対面で話すトーク番組よりずっと、素の人柄がよくわかるのだ。

 

そして単純に「この人がこういう物を好んで買うのか!」という発見もある。

 

シンプルにして全く飽きない。

 

この番組に唯一お願いがあるのは…吉本以外の芸人さんが無理なら、せめて、たまにでいいので、東京の若手芸人を出してもらえませんか。。

 

とにかく色んな芸人さんの素のトークを、たくさん見たいのです(^^)

 

吉本坂46

 

メンバーが決定した。

 

誰かお笑い評論家の方が「無難な人選」と評していた。

 

そうなのか…?

 

私の第一印象としては「知ってる人が多い」ということ。

 

無難、というのはそういう事かな。

 

センターが、トレンディエンジェル斎藤さんと、スパイク小川さん。

 

小川さんは可愛らしい、比較的若い女性で、正直「普通やん」と思ってしまった。。

 

が、トレンディ斎藤さんは、こういう企画にピッタリだ!と思った。

 

斎藤さんはM-1チャンピオンでありながら、漫才の実力に自信がないような発言をしているのを何回か聞いた。

 

素人が偉そうに言わせてもらうと…確かにもっと上手な漫才師はいっぱいいるよね(^_^;)

 

が、トレンディエンジェルの漫才の魅力はそういうところではない。

 

トレンディ?な時事ネタをどんどん取り込んで、流れるように話を展開していくあの疾走感!

 

それってまさにアイドルに必要な要素ではないのかな。

 

それにしてもどんなグループになるのか皆目見当がつかない。

 

上手くいっても、ダダ滑りしても、どっちに転んでもかなり面白いのではないか。

 

芸人さん達の地力を感じられる展開を、楽しみにしています(^^)